ESSENCE OF QUALITY展
複製不可
30.「コム・デ・ギャルソン
<ESSENCE OF
QUALITY展>」

1993 東京

 川久保玲は1975年に「コム・デ・ギャルソン」のブランド名で服作りをスタートした。1981年にパリコレクションに参加。当初、黒を中心とした個性的なデザインは、「黒の衝撃」と言われた。図版は、川久保玲の展覧会ポスターで、彼女の代表的な作品が、伝統的な西欧衣裳と同じ空間で展示され、話題となった。
(コム・デ・ギャルソン/財団法人 京都服飾文化研究財団 1993
Artist: James Nares/Coutesy of Paul Kasmin Gallery,New York)

BACK