menu
Exhibitions
[ 開催中 ]
2019年度後期
ブルガリアとルーマニアの民族衣装
  −手芸技法を中心に−
2019年9月20日〜2020年2月10日

2019年度後期展覧会では、ヨーロッパ地域のブルガリアとルーマニアの民族衣装を中心に展示を行います。

本展では、1階にブルガリア、2階にルーマニアの民族衣装を、刺繍を始めとする手芸的な技法にフォーカスを当て、展示します。様々な技法が施された衣装と小物類を通して、優れた手芸の装飾性をご覧いただけます。

3階は本学園の創設者 杉野芳子により収集された資料の展示です。開館当初に使用されていた楮製紙製マネキンに着装した19世紀末〜20世紀初頭にかけての女性の西洋衣装や、日本の伝統的な十二単と武官装束、アイヌの民族衣装をご覧いただけます。




※受付でスリッパに履き替えていただきます。
※エレベーター設備がございませんので、階段でのフロア移動となります。ご了承ください。




展示一覧へ
展示へ
COPYRIGHT(C)2001 SUGINO GAKUEN All Rights Reserved.
杉野学園 お知らせ アクセス 展示 ファッション史年表 コレクション フロアガイド トップページ 当館について